インナーチャイルドを癒して心穏やかな日々を手に入れる!

【お悩み相談】ストライクゾーンが狭くて好き嫌いが激しいんです。

    
お悩み相談
\ この記事を共有 /
【お悩み相談】ストライクゾーンが狭くて好き嫌いが激しいんです。

**こちらは2019年10月25日アメブロ記事のリライトです **

本日はどのようなご相談でしょうか?

ストライクゾーンが狭く、好き嫌いが激しいです。
食べ物の好みとか、人の好き嫌いとか。

とにかくこだわりが強いので、扱いにくくて面倒な人と思われている感じがします。

ありがとうございますーー

– 好きの間口が狭い

– ストライクゾーンが狭い

– 好き嫌いが激しい

– 好みにうるさい

– こだわりが強い

いろんな言い方ありますが、
あなたもご自身のこと、そんなふうに感じたことはありませんか?

好き嫌いの対象物アレコレ

ひとことで「好き嫌いが激しい」と言っても、その対象はいろいろありますね。

たとえば、食べ物。

和洋中、好きな食べ物嫌いな食べ物くらいならだれにでも好みはあるでしょうが、味覚にこだわりの強い繊細さんの場合だとこうなります。

わたし、和の中でも特に蕎麦好きで、蕎麦の中でも田舎蕎麦や八割蕎麦がだめで、十割蕎麦が好きだけど、だしは関東風じゃなくて関西風がよくて、あそこの角のお蕎麦屋さんは味がちょっと濃すぎるんだよねー。

とかね。(そんなヤツいる?ww)

それから、たとえば、

オレンジが好き、水色が好き、緑が好きとかの色の好みはだれにでもあるでしょうが、色彩にこだわりの強い繊細さんの場合だとこうなります。


わたし、好きな色はピンクだけど、

ショッキングピンクみたいにどぎついのはダメで、蛍光ペンのピンクも嫌い。
かといって消え入りそうな乙女パステルもダメで、ちょっと温かみがあって、うーんRGBで言うなら#E89A8F・・・いや、#E2B8A5かな?

あ、これってピンク色じゃなくてピーチ色っていうの?

とかね。(そんなヤツいる?ww)

ほらほらほらほらーー


なんだか周りの人のため息が聞こえてきそうですよーw

余談ですが、わたしは昔から、白くて丸くてつるんとしたものに目がなくてですね。

我が家の食器類は、頂き物やグラス類を除いて9割9分が白くて丸くてつるんとしています。

白いだけじゃだめで、丸いだけじゃだめで、つるんとしているだけでもダメ。

白くて丸くてつるんとしたものが好きなんです♡

↑これわたし愛用の箸置き♡質感がたまらない。

ストライクゾーンが範囲が狭いのには訳がある

なんでこのようになるかということなんですが、それには繊細さんの脳が深く関係していると思われます。

人間の脳には扁桃体と呼ばれるアーモンド形の神経細胞の集まりがありまして、ざっくりいうと不快センサー(危険察知)の役割などをしています。

五感から入った情報がこの扁桃体に届き、不快センサーが発動すると、「危険だよ!」という情報を脳経由で体に発信し、危険回避をすることができます。(むかしは外敵から身を守るのに、この機能がとても有効でした。)

一部の研究によると、繊細さん(HSP)の脳はそうでない人と比べて、この扁桃体の働きが活発であるといわれています。

つまり、不快センサーが発動しやすい脳の構造なので、あれも不快!これも不快!と反応してしまい、どうしてもストライクゾーンが狭くなってしまうということなのです。


繊細さんの好き嫌いが激しいのは、決して心が狭いわけではなくって、脳の不快センサーが敏感なんだということです。

その他にも、繊細さんの脳の特性である「物事を深く処理する」ことや、些細な変化に気が付く「差次感受性が高い」ことなんかも、好きの範囲が狭いことに関係してそうですねー。

※注意※
こだわりが強い場合、自閉スペクトラム症などの発達障害と関連している可能性もあります。
ご心配な場合はご自身で判断せず、医療機関等の専門機関にご相談くださいね。

ストライクゾーンは狭いだけでなく濃い

単に不快センサーが敏感なだけだと、「ちっ、やっぱりHSPっていいことないじゃん」と思われてしまいそうですが、実はそれだけではなくてですね。

繊細さんのストライクゾーンはめちゃくちゃ深いんです。

図にするとこんな感じ。

一般のストライクゾーンがうす緑範囲だとすると、繊細さんのストライクゾーンは濃緑。

使っている絵の具の量は同じくらいだとしても、ぐぐぐーっと一点集中なのが繊細さん。

SNSで誰かの投稿を見たとき、繊細さんはピンポイントでしか「いいね!」ボタンを押せないんだけど、その「いいね!」の濃度がめっちゃ濃い。

「めっちゃくっちゃめっちゃくっちゃいいね!」

くらいの気持ちで押してたりするw

何か好きなものが見つかると骨抜きになるくらい恋をしてしまう♡
寝ても覚めてもそのこと一色。
そのことについてだったら何時間でも語れまっせってくらい好きってなる。

繊細さんの好きは、そんな風に狭くて深くて濃くて尊い愛なのです。

好きなものをそんな風に愛でられるなんてステキじゃないですか??

そんなところが、芸術的な才能の開花になったりするんだろうなと思いますよー

今日の処方箋

というわけで、本日の処方箋はこちら。

【森からの処方箋】

繊細さんの愛は、一点集中型。

深くて濃い愛を一か所に集中できる才能の持ち主。

好きな範囲が狭い自分を「心が狭い」と悲観するなかれ!

ご説明した通り、繊細さんの好きの範囲が狭いのには理由があります。


そして、それだけじゃなくって好きが濃縮されてピンポイントで注げるというメリットもあります。


そのときの好きはきっと他の誰にも負けないくらい濃いものだし、人はそれをそれを才能と呼ぶのかもしれませんよ。

まさに、好きこそものの上手なれってやつです。

あなたのピンポイントの好きはなんでしょうか?

もしかするとそれは趣味の範囲を超えて、あなたのライフワークになるかもしれませんよ。

あなたのめっちゃ好きなことの知識や才能を必要としてる人、きっといます。

ちょっと考えてみてくださいねー^^

では、今日はここまで!

28日間マンツーマン講座のご案内

28日間講座マンツーマン講座仮申込み

マンツーマンセッションのご案内

マンツーマンセッションお申込み

サービスへ

HOMEへ

コメント

コメントを残すにはログインしてください。

Copyright©繊細さんお悩み相談室,2020All Rights Reserved.