インナーチャイルドを癒して心穏やかな日々を手に入れる!

【コラム】それって本当に「自分軸」なんでしょうか?

  
\ この記事を共有 /
【コラム】それって本当に「自分軸」なんでしょうか?

「自分軸」って言葉よく聞きますよね?

ブレない自分軸を作る!

とか、

自分軸で生きる!

とか、

自己啓発好きの人は、しょっちゅう目に触れるワードじゃないかなって。

でも、クライアントさんと話していたり、ネット記事を見ていてときどき感じるのが、

自分軸のことを、

周りを無視して自分の意見をズバッとはっきり言える力

みたいに思ってる人が案外多いんだなってことです。

それはちょっとちがうよね。

自分の我を押し通して強く頑なであることは、自分軸じゃない。

それは、

自己中

ってやつです(;´∀`)

これだとせっかく人からいいアドバイスもらっても、「いや、わたしはこれでいいんです!」って意地になってしまう。

周りの人も、「勝手にすれば」と言いたくなる。

自己中は、自分が主役で他人は自分のためにいきてる脇役ってことになる。

それぞれの人生や考えがあることが尊重されていない。

それから、こじらせ繊細さんに最も多いのが、

自分軸に似た「逆親軸」を持ってる人。

「反親軸」と言ってもいいかも。

  • わたしは、親のようにやりたいことを我慢して生きるなんてイヤだ
  • わたしは、自分の親のような子育てはしない
  • わたしは、親のように学歴やステータスにこだわったりしない
  • わたしは、母親みたいに人の悪口言ったりしない

これって、一見すると立派な自分軸みたいに錯覚するんですけど、よーくよーく見てみると、親の逆サイ(ド)に振れてるだけ。

親みたいな自分じゃない

ことが軸になっちゃってて、自分の本心置いてけぼりです。

これって、結局親を気にして生きるってことだから、ぜんぜん自分軸じゃないんです。

ここを勘違いしないでください。

特に、スケープゴートさん

自分軸は、外を眺めていても見つかりません。

自分の内側としっかり対峙してこそ、奥から自分の本音が湧き上がってくるのです。

自分の本音を知っていれば、相手と自分がちがってあたりまえだとわかる。

相手の意見も柔軟に聞き入れられる。

その上でどうすればいいかを決められる。

だから人の目を気にしてアチコチ振り回されたりしない。

そして、親に振り回されることも、親に逆らうこともなく、ただ穏やかに自分の本音に従って生きることができる。

自分軸って、もっとしなやか。

28日間マンツーマン講座では、自分軸のつかみ方についてお伝えしています。

気になる方はぜひ一度カウンセリングへお越しくださいね。

現在ご提供中のサービス

ストアカ講座

この記事にズキュンときた方は、繊細さんのための【インナーチャイルドケア入門講座】(ストアカ)がおすすめです

オンラインカウンセリング

カウンセラー森とマンツーマンでお話をしたい方は、オンラインカウンセリングへどうぞ

28日間マンツーマン講座

この生きづらさを何とかしたい!そのために自分と向き合う覚悟ができたら、28日間マンツーマン講座へお越しください。

※「思っていたのと違った」を避けるため、ストアカ講座またはカウンセリングを受けた後のお申込みを推奨しております。

無料プレゼント

▶こちら無料で差し上げています!

こじらせ繊細さんのための生きづらさ脱出マニュアル」↓

サービスへ

HOMEへ

コメント

コメントを残すにはログインしてください。

Copyright©繊細さんお悩み相談室,2021All Rights Reserved.